コリドラス大好き! >> 水槽展 >> 水槽
〜しまったさんの水槽〜

リシア・グロッソの成長が早く、3日ごとにトリミングをしないと水景を維持できません。
CO2濃度が高いので、本当に成長が目に見えます。朝と夕方の景色が違います。
この頃は毎日トリミングしていました。熱帯魚屋にリシアをたくさん持っていった(提供しました)時はおじさんびっくりしてました。



底床保温と光合成の気泡で、上に向かう水流ができるので、その流れを殺さない様に、フィルターからの水流に注意して、”死に水”ができないようにレイアウトを考えました。
もちろん、水草への光の当たり具合、成長後の大きさ等も忘れてませんよ。(^_^ )


スキャナの画像で分かりにくいですが、光合成をしています。
リシアの先端に白く見える物は、全て光合成の気泡です。
ここまでCO2を添加すると、まるでエアーポンプをいれてる様です。
グロッソとリシアは、CO2を入れないと枯れてしまいますが、あまり入れすぎると、魚に良くありません
エビの方がCO2濃度に敏感なので、魚より先に死んでしまいます。

今まで添加剤は入れない主義だったのですが、CO2を入れるようになって、ブライティ K は毎日添加するようになりました。
水草の成長がいちじるしく早いので、カリウム不足に陥るようです。
グリーンブライティは指定量の1/3ぐらいを添加して、成長の早い水草の先端が、白くなってきたらフローラプライドに切り替える。入れすぎは即、苔の発生につながるので、常に少な目を心がけるようにしています。
マダガスカル・エンシスが横に伸びているのは光量が強すぎる場合が多い。
うちの水槽はCO2濃度を上げる事によってバランスを取っています。

水槽データ
水槽:W90xD45xH45(cm)、外部式濾過(エーハイム2213x2)、自作底面式保温(150W、100Wx2)
濾過層:パールサンド、バイオ・カルチャー、パワーハウス、活性炭(水槽設置時の み)
照明:20Wx6灯(10h/1日)タイマー制御
pH:6.8
CO2:8滴/秒(6h)タイマー制御
KH:3
GH:3
NO3:0
換水:1週間に1度、1/3
水温:26度
添加剤:ブライティ K、グリーン・ブライティ Step 2 or フローラプライド(適宜添加)

魚:ブラック・ファントム・テトラ(3)、レッド・ファントム・テトラ(5)、ロージー・テトラ(3)、エンペラー・テトラ(3)、クーリーローチ(3)ハセマニア(3)、グローライト・テトラ(5)、ゴールデン・テトラ(3)、オトシンクルス(15)、ヤマトヌマエビ(20)
水草:リシア、グロッソスティグマ、ヘアーグラス、ウィロウモス、クリプトコリネ・、ミクロソリウム・ラガシロフォン・マダガスカル・エンシス、シペルス、ブリクサ・ショートリーフ、マヤカ、ラージ・パール・グラス

しまったさんへのメール:simatta_@@_rinku.zaq.ne.jp
Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.