コリドラス大好き! >> 情報室 >> 湧き水演出
湧き水を演出しよう

湧き水写真 以前雑誌で見かけて「お〜っ!こ,これは〜すっばらしい〜」っと感銘を受けていらい,絶対作ろうと思っていたのが水槽内に湧き水を演出することでした.
まだうまく砂が飛ばなかったり,山になったりして改良の余地は多々有るのですが,とりあえず形になったかなっと思うので,お披露目です.(^^;
砂が,後から後から湧き出してくるのって,見ていて飽きが来ないし,とっても気持ちが良いものです.みなさんもぜひどうぞ.(^^)
なお,説明は私がとっている外部フィルタを使った方法を元に書いています.
必要なもの
以下のものが必要になります.
新田砂(とっても細かい砂)
外部フィルタやパワーフィルタなどのモータを使って水を出すもの.
延長するためのパイプ又はホース.
吹き上げる水の水量調整用のコック.
吹き上げ部分に使うシャワーパイプ.
水漏れ補修テープ(日曜大工やさん等に有る白いテープ)
メジャー,カッター
その他ホースの向きをを90度に変更するジョイント(私の場合2個使用)が有ると便利ですし,私は使っていませんが水流を分岐させるT型ジョイントを使う方法も有るかと思います.これらは身近にあるいろんな物などを工夫して使っても良いかと思います.
なお,各部品は大きさや口径に注意してそろえましょう.

組み立て
いきなり水槽内で組み立てるのではなく,外で組み立ててみて,組み立て具合を確認してから水槽内に設置した方が,組み立てている途中でうまく組みたたらなくって熱帯魚屋さんに部品を買いに行くと言うことが無くなると思います.
どの位置から水を下に落として,どの位置に吹き上げさせるかよ〜〜〜くよ〜〜〜く考えます.そしたら1晩寝てから再度考えてみて納得できたら作業を始めましょう.
吹き上げ用のシャワーパイプの穴を先っぽの1-2個を残して水漏れ補修テープでふさぎ,吹き出し位置から水を落とす位置までの長さに切断する.
穴の無いパイプを下に落とすまでの高さに切断する.
(この際90度に変換させるジョイント接合部の長さ分は短くして切断)
現在のシャワーパイプの先端から水を落とす位置までの長さから水量調整用のジョインを部分を引いた長さ分のパイプを用意.
いったん組み立ててみて,ジョイント部分が合わない場合は水漏れ補修テープで隙間をふさぐ.
高さなどがうまく出来ていなかったら調整する.

組み立て参考図
組み立て参考図

組み込み
水槽の回りに新聞紙等を引いておく.また,水槽内に両手を入れるので,あふれないように水槽の水を多少抜いておいた方が良いかもしれません.
外部フィルタを停止させる.(止めておかないと,組み込み中に悲惨なことになる場合有り)
組み立っているものをいったんある程度分解して,再度水槽内で組み立てる.
この際,水量調整用コックは必ず閉じておきましょう.
吹き上げ部分は砂の中に埋めるわけですが,うまく埋まらなかったり,好きな場所に固定されない場合は,シャワーパイプを固定する吸盤などで固定.

完成!
各ジョイント部分がちゃんとくっ付いているか確認する.(とっても大事です)
外部フィルタを動作させる.(どきどき)
水量調整用コックを徐々に開いていき好みの高さになるように調整する.
完成!
なお,1日ぐらい立ったら,再度ジョイント部分の確認をしてもれていないかチェック,また湧き出す水量もこの時点で調整します.

アイデア by M.S.Lab. (1999/03/17)
シャワーパイプの設置についてですが、下向きに吹き出させたらどうでしょう?
田砂を使えば、モコモコした水源地を彷彿させるようなうねりが出てきます。
また、水を止めたときの目詰まりがないので、タイマーで設定(具体的には、パワーヘッドEHEIM1046とジャレコのマルチタイマーデラックスを使い『午後5時から10時まで10分湧水して20分間休憩』なんて事も)できるようになります。
パイプは配管用の塩ビパイプが最適です。きちんと面取りすると接着剤無しでも使うことができますし、値段を気にせずに試行錯誤ができます。
パワーヘッドの吸水側にスポンジフィルターを使えば、サブフィルター的な役目を持たせることができます。

みなさんも湧き水で変化の有る水槽を演出しましょう! (^^)/

Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.

コリドラス大好き! >> 情報室 >> 湧き水演出