コリドラス大好き! >> 育児録 >> コリドラス・トリリネアタス x パンダ
〜コリドラス・トリリネアタス x パンダ 繁殖 日記〜
/ 卵,孵化-116日目 /
All Photo & Text Credit Pikarix

水槽:60×30×36 前曲げガラス水槽
水換え:週1回 1/2程
フィルター:上部式フィルター
水草:アルテルナンテラ、ハイグロフィラ・ポリスペルマ、ウィステリア
低床:田砂
混泳魚:グッピー×約15 S.F.F.、ネオンT、N.ベックフォルディ×2、オレンジドワーフグラミー、コバルトブルーグラミー、クーリーローチ、オトシン・ヴィッター×3、ネグロ
全コリ:ステルバイ×4、ALステルバイ×2、パレアトゥス×2、トリリネ×2、デュプリカレウス、アークアタス×2、アエネウス、ALアエネウス、ジュリー、パンダ、ゴッセイ、ラバウティ、ベネズエラオレンジ、シングエンシス、メタエ
ライト点灯時間:朝7時〜夜9時
流木有り

4月5日 夜

産卵は、4月4日に水換えをし、4月5日の消灯から約1時間後、夜10時ころ行われました。
最初のTポジは流木の上で、2回目はその流木の前スペースでした。
卵はアルテルナンテラに6個(2個ずつ葉裏に付着)、ハイグロに4個(こちらも2個ずつ)付着してました。
採卵が終わり、孵化水槽のセッティングが終わると、卵が2個紛失してました・・・。
最初の画像は、アルテルナンテラに生みつけられた卵です。2個セットでしょ? ピントが後ろになってますが。



4月6日

画像は産卵の次の日の卵です。白いのが無精卵です。おそらくカビてます。
8個中、7個は有精卵のようです。
大きさは直径2ミリほどです。


4月7日、産卵から2日

無精卵の隣の卵まで白くなった。この時点で無事な有精卵は6個。発眼してたかは記憶にない・・・。


4月8日、産卵から3日

無事な有精卵は6個だったと思う。発眼している。


4月9日、産卵から4日

いつの間にか発眼している卵の合計が5個になっていた。夕方に4匹の孵化を確認。残りの卵1個は孵化しているのか分からない状態だった。


4月10日、産卵から5日、孵化から1日

孵化しているのか分からない卵を、孵化しているのか確認する為に、卵の付着している葉っぱをスポイトで突いていると、ポロっと中身(稚魚)が出てきてしまった。まあ大丈夫だろう。
他の個体は重そうなヨークサックを抱えてひょろひょろ動いている。
画像はオタマジャクシみたいなチビコリです。4月10日撮影で、孵化から1日の個体です。


4月11日、産卵から6日、孵化から2日

まだヨークサックが重そう。スポイトでそっと水を吹きかけるとひょろひょろ動き出す。5個体の内、1個体だけ背中が曲がっている。不慮の事故で孵化させてしまった個体だろうか?


4月12日、孵化から3日

まだヨークサックは付いている。少し自力で泳いでいる?


4月13日、孵化から4日

ひょろひょろながら泳ぐ。


4月14日、孵化から5日

アイバンドが4匹に確認される。


4月15日、孵化から6日

背面に黒いスポットが4つずつ確認される。トリリネの遺伝か。
全長10ミリ弱。
黒い所の濃さは個体によって違う。
ブラインはたっぷり食べている様子。大きくなってくれ〜。


4月16日、孵化から7日

ロレトっぽい頭?
よく泳ぎ回る。


右の個体:「ここから出してくれ〜!!」
左の個体:「無駄だよ諦めな」

4月17日、孵化から8日

1個体、ワタぼこりみたいなものが胸ビレに付着している・・・。メチレンを投入。


二手に分かれよう!

4月18日、孵化から9日

ワタぼこりのようなものは消えていた。見間違いだった?
全長12ミリ程


4月19日、孵化から10日

水換えせず


4月20日、孵化から11日

水換え2/3、水温25度
よく泳ぎ回る。
背ビレも伸びてきた。
尾ビレも伸びてきた。
1匹はまだ1センチ未満(寸詰まり体系、ショートか!?)。
アイバンドもくっきり出てきた。
体側の模様も増えてきた。


敵対

4月21日、孵化から12日

2/3水換え、水温25度
行動はもうすっかり大人と同じ。
ビビリ方も同じ。
エサに敏感に反応するように。
立体的にもよく動きまわる。
ショート個体は8ミリ程。エサを限界までほおばる様子。
そしてこの個体が一番活発。
まだら模様も結構ある。


測定

4月22日、孵化から13日

2/3水換え、水温25度
斑点=濃い茶色。胃の辺りにも斑点模様。
背ビレの模様はそれぞれの個体によって個体差が生じている。


遭遇

4月23日、孵化から14日

2/3水換え、水温24.5度
背ビレ模様の違いによって個体を見分けられるようになった。
尾ビレの上葉、下葉が分かれてきた。
大掃除施行。


手前の小さな個体がショートっぽい個体

4月24日、孵化から15日

2/3水換え(ちなみに孵化から9日目まで、「水換え〜」と書いてありませんが、一応水換えはしておりました。画像がない日は水換えをしなかった日です)、水温25度→27度
母、パンダがまた産卵! 父はまたトリリネか!?
卵を7個採卵につき温度を27度に。
ショートっぽい個体(何故か「オチビさん」と呼んでいた)は一番ビビリやであることが判明。


「親子(笑)」一番右の個体が「オチビさん」です

4月25日、孵化から16日

2/3水換え、水温27度
結局昨日の卵は10個採れた。9個は水草に付けた状態で孵化待ち。1個はプラケ壁面に。→3個粘着力の低下のせいか落下。
卵は薄い茶褐色に。


4月26日、孵化から17日

2/3水換え、水温27度
尾ビレ基底部に黒斑の出てきた個体あり。よりパンダ気味か。
フタを開けるとエサと思って掘り始める。
卵は1個白っぽく、葉に付いているもの→6個:茶褐色、砂上→3個:茶褐色。


右側に見えるのが今回の卵です

4月27日、孵化から18日

1/2水換え、水温26.5度
卵発眼。
ウインク確認!
体長15〜16ミリ。


今の模様の状態はエヴェっぽい

4月28日、孵化から19日

1/2水換え
水温のデータがない・・・。
目が大人のコリっぽいことに気づく。
3個体にパンダ模様(尾ビレ基底部の黒斑)が認められる。
オチビさんは昨日と変わらず。
卵:9個の卵に発眼しているが、4日経った今もまだ孵化せず。


出遅れた・・・。

4月29日、孵化から20日

1/2水換え、水温26度
背ビレの模様がトリリネっぽくなってきた。
体側の模様にバラツキ。

7個孵化。2個は発眼しているが、孵化するかは不明。
孵化した個体らはチマチマ泳ぎ回る。


あれ? みんなどこ行った?

4月30日、孵化から21日

3/4以上水換え、水温25.5度
背ビレの黒斑がより大きくなった。
体長17ミリ。
オチビさんの尾ビレはやたらとでかい・・・。
卵→稚魚
まだヨークサックあり。でもなくなったら兄貴らと一緒にブラインを食べ始めるだろう。


「比較」。オチビさんは前個体

5月1日、孵化から22日

2/3水換え、水温25.5度
ビビると止まらない。あっち行ったりこっち行ったり。
オチビさんは全体的に模様が茶色っぽい。
稚魚(第2期)
少しずつ活発になってきた。ブライン食べるかな?


ちょっとピンボケ。

5月2日、孵化から23日

3/4水換え、水温25度(?)→24度
背ビレの模様もみんな似てきた。
エヴェ2のパンダ斑ありver.みたいな印象。
頬に金がのってきた。
稚魚(第2期)
少しオレンジっぽくなってきた(どこ辺りが?)。ブラインも食べてる?


昨日分の画像と似てますが、背ビレの模様の違いで違う個体と分かります

5月3日、孵化から24日

2/3水換え(水温データなし)
よく泳ぐ。
ブライン食べまくり。
第2期稚魚
少し隠れる傾向あり。
ブライン食べてる。
正確な生息数不明。5匹くらい? 田砂でよく分からない。カモ能力はさすが。

1時頃、また「パンリネ」産まれる。卵は8個採れたが、2個粉砕してしまった・・・ゴメンネ。
2時頃また産んだが、眠かったから放っておいてしまった。食べられちゃった、かな。
1個白っぽくなった。無精卵かな。


フカン

5月4日、孵化から25日

水換えなし、水温26.5度
体側が細かい斑でうまっている個体がいる。
今日は水換えせず。
第2期稚魚
みんなブライン食べてる為、腹部オレンジ色。

5個は茶褐色になった。


5月5日、孵化から26日

4/5程水換え、水温データなし
エラ部分にエメラルドグリーン(?)がのっている。

4個発眼、1個は白い。


5月7日、孵化から28日

ここから水換えが不定期になる
1/2水換え、水温26.5度→25度
オチビさんの背ビレにも模様確認
第2期稚魚
兄達と同じ泳ぎをし始めた。
卵→第3期稚魚
3個孵化した


壁に頼ってのロケット

5月8日、孵化から29日



5月10日、孵化から31日

2/3水換え、水温データなし
体色が大分黒っぽくなってきた。
金ののりもよくなってきた。
第3期稚魚
田砂にカモしているので、動かないと発見できない。
母パンダ、また産卵。父親確認できず。1個のみ採卵。


写真だと多少黒ずんでます。
実際もう少し明るいです。

5月12日、孵化から33日

3/4水換え、水温データなし
体長約20ミリ。
背ビレ斑が目立ってきた。トリリネ系の模様。
稚魚(第2期)
やはりヒゲは立派。
稚魚(第3期)
ちゃんと4匹いるのかな? 一応ブラインは探している様子。

結局1個のみ。発眼はまだ。


撮影用プラケに移動すると、やはり色が飛んでしまう。実際もっと背ビレが黒い。

5月14日、孵化から35日

大掃除、水温26度
今日は久々の育成水槽リセット。
正確に数えてみると、大(第1期)4匹、小(第2期)7匹、極小(第3期)3匹、卵1個。
卵は発眼した。


ラブリーにむぎゅ〜なコリ(笑)。

5月17日、孵化から38日

3/4水換え、水温26度→25度
卵はいつの間にか孵化していた。
現在計15匹。


多少大きくなった第1期の4名

5月20日、孵化から41日

3/4水換え、水温24度
オチビさんの背ビレが一番黒が濃い。


左の斜めになってるのがおそらくオチビさん

5月25日、孵化から46日

祝! 卵が生まれて50日経過
3/4水換え、水温24.5
結構大きくなってきた。21ミリ。
・・・最近パンダが産んでくれないなぁ。



う〜ん、偽Tポジ(笑)

6月1日、孵化後53日

4/5水換え、水温25度
スポット、ライン、それぞれトリリネ風に模様が固定されてきた。
全長22〜23ミリ。
オチビさんは多少普通の個体と同じ体系に近づいてきた。ショートじゃないのかな?
やっぱりオチビさんの背ビレが一番模様が濃い。


兄弟

6月4日、孵化後56日

大掃除、水温25度
撮影用プラケに移すとやっぱり色が飛びます。


大掃除につき、撮影用プラケにはみんな入っています。

6月7日、孵化後59日



何かを訴えるオチビさん。背ビレの模様が特徴的です。

6月11日、孵化後63日

大掃除、水温26度
写真の数が減ってきてるなあ。
模様もさらに固定化されてきた。
稚魚(第2期)
黒斑出てきた。


生まれた時期で大分大きさに差が出てきた。やっぱり色が飛んでます。

6月14日、孵化後66日

6月14日、孵化後66日
3/4水換え、水温26度
オチビが一番活発。
ジャンクションにそって模様がずれてることに気づく。


やっぱり色が飛んでるなぁ・・・。

6月26日、孵化後78日

大きさは23,25ミリ辺り。


ライトなしで撮影。

7月1日、孵化後83日

3/4水換え、水温27度
みんな大きく、そしてパワフルになってきた。
ビビリ症は代々の遺伝らしい。
模様が繋がってきた。


色飛びすぎ・・・。

7月13日、孵化後95日



水草と一緒に写る。

7月24日、孵化後106日

2/3水換え、水温25度
斑点=濃い茶色。胃の辺りにも斑点模様。
背ビレの模様はそれぞれの個体によって個体差が生じている。


結構大きくなりましたw

7月31日、孵化後113日

2/3水換え、水温25度
斑点=濃い茶色。胃の辺りにも斑点模様。
背ビレの模様はそれぞれの個体によって個体差が生じている。

60センチのメイン水槽にパンリネの第1期稚魚4名を移動。水槽に慣れていないため、右往左往。
でもやはりコリ同士、他のコリ達は仲良くやってくれている様子。いい兆候w
兄弟で群れていることが多いようです。ちっちゃくてかわいいです。


弟ら(後ろ)も大きくなりましたw

8月3日、孵化後116日

エサの時にいい画が撮れました(画像)。母親とその子供(パンリネ)です。残念ながら父、母、子のショットはまだうまく撮れていません。いつか撮れるかな。


微妙にピントが合っていませんが、母子のショットが撮れました。

/ 卵,孵化-116日目 /
All Photo & Text Credit Pikarix

Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.