コリドラス大好き! >> 育児録 >> アスピドラス・ゴイアス
〜アスピドラス・ゴイアス繁殖 日記〜
/ 卵,孵化- / 11日- / 21日- /
All Photo & Text Credit M.S.Lab.

アスピドラス・ゴイアが繁殖したよ〜♪ (^^)
☆撮影した個体(チビ)は基本的に一番成長が早かった1匹を追いかけました、特に注記が無いときは同一個体です。
☆基本データ:(水温24℃,pH7.4,GH8,KH6)貝殻混じりの細かい砂(海砂)の湧水水槽、アエネウス×3,オウラステグマII,パスタゼンシス・パスタゼンシス×3,アク トゥス×3の混泳水槽
☆産卵データ:産卵場所(エアレーションの泡が当たるガラス面),30〜40粒(食卵された可能性あり),孵化まで(推定)4日
☆親水槽に取り付けた産卵・育児箱にて飼育

ゴイアスの成魚
オス メス
この子が母親です.お腹のふくらみが判りますか?もうじき次の産卵が・・・

産みつけられた卵(2日目)

ゴイアスのものと思われる卵が孵化しました・・・資料が何も無いので無事に育て上げられるかちょっと心配



孵化直後(2時間後)

5mm位のしかないチビちゃん・・・おなかにはヨークサックが!



2日目

お腹の袋がほとんど消えてます。しっぽは背鰭,尻鰭,腹鰭が(ウナギのように)つながって見える
“テトラ・ベビーフードE”を撒くが食べず・・・まだ早かったようです(^^;
産卵直後から立派な髭があるんですが、見えないですね・・・・



3日目

色が濃くなってます。最後のチビが孵化しました・・・全部で20匹,無事に育って欲しいです
餌をつつく子が出始めましたv(^0^)v



4日目

早い子はすでに餌を食べるのですが、後で生まれた子はまだまだ無理です。
剥身のブラインシュリンプ・エッグ“アルテミア”(マリンアート社)を入れるが無視・・・



5日目

結構体付きがしっかりしてきた・・・一番向こうにいるのは最後に生まれた子、一番手前(ピンぼけ)が一番大きい子
餌は“エコモ”(クロマ社)を粒をすりつぶして与える・・・こちらのほうが良く食べるようです(ほっ!)
おなかの栄養袋が消えなかった子が一匹死亡(;_;)19匹に・・・



6日目

全員が餌を食べるようになった!体付きもしっかりしたきたし・・・最初の難関は越えたようです。
チビタータス君に比べると何と楽なことか・・・・
キスゴムの外れで1匹5匹本水槽へ・・・1匹発見できず(;_;)



7日目

あきらめながら“アルテミア”を入れると・・・・食べた!お腹の色(オレンジ色)で判るかな?
餌による水質悪化を防ぐためウィローモスの使用は今日まで!(ウィローモスの下にカビた餌・・・)



8日目

昨日“アルテミア”食べ始めたら・・・黒い点とアイバンドが見えてきた!一日で大きさが違う!栄養の違いによるものか?
他にも早い子は鰭が分かれてきてるのが判りますか?



9日目

また成長している!
餌は成長が遅い子のこともありまだミックス(“アルテミア”とすりつぶした“エコモ”)を使用。
大きい子たちは前者を選択的に食べてるようです。



10日目

おなかのこの色が安心の色(育児経験がある人はわかりますよね?)
大きさは1センチ突破!(推定)



/ 卵,孵化- / 11日- / 21日- /
All Photo & Text Credit M.S.Lab.

Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.