豆知識
コリの学名について [Original by Tuttii / Edit by yamyam]
コリドラスの学名って他の魚の学名と違って親しみやすくておぼえやすいような名前が多いと思ったことは有りませんか?
たとえば,ネオンテトラは Paracheirodon innesi,エンゼルフィッシュは Pterophyllum scalare等なんだかちんぷんかんぷんだったりしますが,コリドラスの場合 C.エヴェリナエの学名は Corydoras evelynae,C.アドルフォイの学名は Corydoras adolfoiと言うように,一般名に学名をそのまま持ってきているものがとても多いです.

また,学名の最後が,aeやaで終わっているコリドラスは,女性の名を取ってその女性に対して献名したもので,例えばロビネイ(robinae)は,現在マナウスのターキーアクアリウムの元夫人であるロビネイおばさんに献名して名付けられています.

一方,シュワルツィ(schwartzi)のように,最後がiで終わっているものは,男性に献名していて,ロビネイおばさんの旦那さんであるシュワルツさんに,そしてアドルフォイ(adolfoi)は,息子さんのアドルフさんににそれぞれ献名しているのです.

学名について
コリドラスなどの魚の学名は,「国際動物命名規約(International Code of Zoological Nomenclature)」の動物,植物,細菌の命名規約の中の動物の命名規約で決められています.

学名は,正式な記載をラテン語としているのでラテン語表記となっていますが,ギリシャ語表記も使われています.
属名の語頭は大文字であとは小文字,種名は小文字で表記し,イタリック体で書くのが学術系雑誌等の執筆要領らしいです.

学名は,「種」までの場合は2名法、「亜種」までの場合は3名法での表記となります.
コリドラスの場合は種までなので,「属(genus)」の「Corydoras(コリドラス属)」と「種(species)」を組み合わせて種名にしています.

学名のタイプについて
担名タイプ:学名の基準になる標本で,ホロタイプ,レクトタイプ,シンタイプ,ネオタイプのこと.
ホロタイプ:Holotype(正基準標本):世界でひとつしかない標本で,命名者が命名法上のタイプとして指定した標本.
レクトタイプ:Lectotype(選定基準標本):命名者がホロタイプを指定しなかったり,失われた場合,ホロタイプの代わりとして選定された標本.
シンタイプ:Syntype(等価基準標本):命名者がホロタイプを指定せずに複数の標本を引用した場合のそのすべての標本.
ネオタイプ:Neotype(新基準標本):ホロタイプもシンタイプも失われた場合、新たに指定した標本.
パラタイプ:Paratype(従基準標本):ホロタイプが指定された時の,原著論文に引用されている残り全部の標本.
パラレクトタイプ:Paralectotype(副後基準標本):シンタイプの中の一つがレクトタイプとして指定された時の残り.担名タイプの地位を失ったもの.
トポタイプ:Topotypeはタイプと同じ場所で採集された標本で,命名法上のタイプではないが,type locality(基準標本が採集された場所)の情報を知ることができる.

タイプ産地:Type locality:担名タイプが採集された場所.


Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.

コリドラス大好き! >> 飼育室 >> コリドラス豆知識