豆知識
1.デジカメで魚を撮る
デジタルカメラで熱帯魚を撮影する方法に関する覚書のようなものです(笑)
基本的にオート,またはマクロモードでの撮影に関しての覚書です.
マニュアル撮影などは詳しいサイトがあると思いますのでそっちを見てね!
なお,あくまで覚書です.あとは皆さんの努力しだいということで(^^;

2.熱帯魚撮影に向いているカメラについて
1.マクロ機能があるもの
 2cm〜10cmぐらいの物が撮れるもの
2.レンズが明るいもの
 カメラのF値というらしい(爆)
3.ONにしてすぐに撮れるもの
 やっぱしすぐに撮りたい
4.焦点をあわせるのが早いもの
 やっぱしすぐに撮りたい2

3.魚の写真の撮り方
1.フラッシュ
 フラッシュはガラス反射してしまうので使わない
 外部に接続できる場合は斜め上から当てる
2.外部の照明
 照明が写りここんでしまうので消す
 夜だと余計な光が入ってこない
 カメラの周りを黒い布で覆う
3.魚の照明
 できるだけ明るくする
 できれば斜め上または上と斜め前から当てる
4.設置
 ぶれないように三脚や台などに固定する
 手持ちの場合リラックスして脇を閉める
5.シャッター
 リモコンがあればそれを使うとぶれない
6.ホワイトバランス
 照明にあわせる
 画面で確認できる場合はそれで調整
7.距離
 マクロ機能があれば使用する
8.撮影
 Webだけなら保存サイズは小さくてもかまわない
 でもできるだけ大きく撮る
 ガラスの真正面から撮る
 フィルターを止める
 小さな水槽に入れなおす
 小道具を使う
 いっぱい撮る
 できるだけ近づく
 じっと待つ(事前にピントを合わせておく) 
9.きれいに撮る
 きれいに撮りたいという気持ちは大切
 驚かさない(基本的に)
 ピントは目に合わせるときれいに見える
 魚の生態(泳ぎ方やくせなど)を知る
 近づきすぎない(最短焦点距離を忘れがち)
 動かない(被写体を追いかけてしまいがち)
 あわてずゆったり落ち着いて撮る
 魚に「ちょっと止まって」とお願いする
 カメラの癖・自分の最適値を覚える
 じ〜〜〜〜〜〜〜っと待つ

3.写真の補正
1.写真の修正は大きい状態で行う
 いったん小さくしてしまうと元には戻せない
2.白黒つける
 白いところは白く,黒いところは黒くするときれいになる
 (黒店白点,レベル補正,トーンカーブ,ガンマ補正等)
3.色温度の調整
 撮影した状況(照明)を実際に見えているように補正
 (カラーバランス,色温度調整等)
4.レベル補正
 ヒストグラムを見ながら補正
 (ヒストグラムの調整,レベル補正等)
5.シャープはほどほどに
 メリハリが付くがやりすぎるとおかしくなる
 (シャープ,アンシャープマスク等)
6.リサイズは最後に行う
 リサイズの種類がいくつかある場合はいろいろ試す

おまけ1.マニュアル撮影について
1.シャッタースピードを速くする
2.絞る

おまけ2.デジカメの電池の充電について
 消耗表示が出てもすぐに充電しない
 電池の寿命が短くなる(メモリー効果)
 ニッカド,ニッケル水素電池等
 リチウムイオン電池は大丈夫


Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.

コリドラス大好き! >> 飼育室 >> コリドラス豆知識