コリドラス大好き! >> 飼育室 >> コリドラスを飼おう! 飼育準備
飼育の準備をしよう

熱帯魚を飼うに当たって、様々な本や雑誌を読んだり友達や先輩に聞いたりして飼い始め、試行錯誤しながら、いままで学んできた中での飼い始めるに当たっての準備を,コリドラスの飼育を考慮に入れて簡単にまとめてみました.

水槽
熱帯魚を飼うに当たって最低限必要なものは、何は無くとも魚を入れるための水槽です.
小さなものから大きなものまでいろいろ有りますし、フィルタや照明などが最初から付いているセット物もよく見かけると思います.
コリドラスは,底物といわれてるように水槽の底の方で泳いでいて,たまに水面に空気を吸いに出てくるぐらいなので,水槽の高さはそれほど気にいなくても良いです.
設置場所や金銭的に購入できる余裕が有れば、出来るだけ大きな水槽の方が管理しやすいのですが、初めて飼うのでしたら60cmのセット水槽(9点セットや11点セットなど)が良いかと思います.これには水槽本体のほかに照明、フィルタ、ヒータ、ガラス蓋、温度計などが入っていて、ほとんどこれだけで基本的なセッティングが出来る事と、60cm用の水槽の各種部品は一番出回っているために交換部品が安く買えるためです.
一般的に売っているセット物60cm水槽の大きさは正面60cm奥行30cm高さ36cmで、容量は約56リットルで,これに水を入れるとおよそ60Kgになります.
大きな水槽が良い理由は、小さな水槽より水量が多いので水質が急変しにくく安定して飼育しやすいと言うことです.
たとえば、同じ数の魚を飼っている場合、魚の排泄物や魚が死んでしまったときに発生するアンモニアの量は小さい水槽より大きな水槽の方がその影響は少なくてすむし、室温の1日の変化が大きいときでも大きな水槽は水量が多いため水槽内の温度変化は小さな水槽より徐々に変化するので魚にとってストレスを与えにくいためです.

主な水槽の大きさ
大きさ 正面 奥行 高さ 容量目安 大きさ 正面 奥行 高さ 容量目安
30cm水槽 300 190 250 12 75cm水槽 750 300 450 85
45cm水槽 450 240 300 27 750 400 450 114
450 295 300 35 750 450 450 129
450 295 300 42 90cm水槽 900 300 450 101
60cm水槽 600 300 360 56 900 400 450 138
600 300 400 65 900 450 450 157
600 300 450 68 900 400 600 181

フィルタ
フィルタの種類には、上部、外部、底面や外掛け,内部パワー,スポンジ式等いくつかの種類が有って、基本的にこれらフィルタによって物理ろ過と生物ろ過を行います.
上部フィルタは、水槽の上部に取り付ける箱のようなもの、外部フィルタは水槽の外に置くもの、底面フィルタは水槽内の砂の中に入れてろ過させるものです.セット物についているフィルタはほとんどが上部式のフィルタです.
また、物理ろ過は水槽内に舞っているごみをスポンジ等で除去することで、生物ろ過は魚の排泄物などから生じる魚にとっても有害なアンモニアをろ材のバクテリアで比較的無害な硝酸塩に変化させることです.
硝酸塩は比較的無害で,水草等にも多少は吸収されますが,全部はなくならないので定期的に水を換えて(一般的には1/3ぐらい)硝酸塩の濃度を減らすことが大切です.
水槽をセットしたばかりの時はろ材のバクテリアが少なく,たくさんの魚を入れてしまうと変化が追いつかないために,最初は丈夫な魚を少な目に入れて1ヶ月ほどバクテリアが増えるのを待ち,その後徐々に増やしていくのが良いでしょう.
また,フィルタを組み合わせて,ろ過能力をより増強させることも飼育にとって有効な手段だと思います.
私の場合,上部フィルタと外部フィルタの併用をしているのですが,上部フィルタの時は時々病気が発生したり,熱帯魚が落ちてしまっていたのですが,外部フィルタを併用し,ろ過能力を増強してからは,こういった問題はまったく発生していません.

照明
1灯式や2灯式,最近では3灯式というのも有りますが,水草を目的としていなければ2灯式の照明で十分だと思います.
照明用のライトは熱帯魚が奇麗に見えるものや水草の育成用のものまでさまざまなものが有ります.照明の種類によって水槽内の見え方が結構変わります.好みで組み合わせて使えば良いでしょう.
なお,セット物についている2灯式の照明は2種類組み合わさった物が一般的です.

ヒータ
飼う魚は熱帯魚なので、ヒータが必要です.
いろんな会社から様々なヒータが販売されていますが、特に冬場の日本ではヒータの故障は魚にとってまさに死活問題、「安物買いの魚失い」にならないように多少奮発しても良いヒータを使い、また、万が一のときのためにヒーターの予備は必ず準備しておきましょう.
冬場はヒータを1本余計に入れてパワーアップをはかり、極力水槽内の温度差の発生を押さえ,魚に体力を消耗させることを避け,また,ヒータ1本にかかる負荷を減らすと言う方法も有ます.

底砂
特殊な魚の飼育や病気の治療用でない場合底砂は入れた方が良いかと思います.
底砂を入れると魚も落ち着いて見えるし,水草も植えることが出来ます.
60cmの水槽でおよそ10Kgぐらいの,角が尖っていない底砂を入れます.
コリドラスは砂をほじって餌を捜す習性があるので,角が尖っていたりするとひげやえらなどに傷がついてしまったりします.
底砂の種類も沢山有りますが,一般に大磯砂の名前で売られているものでかまわないでしょう.
手前を低くして奥を高くするように底砂を引くと,より奥行きが有るように見えます・
また,細か目の砂を入れると,コリドラスが口から吸った砂をえらから出すところを観察することが出来ます.

温度計
ガラス製のものや液晶のものなどが有ります.
ヒーターに温度の目盛りがついているものも有りますが,それとは別に温度計は水槽にくっ付けておいて,最初のうちはこまめに,しばらく立っても1日2回は正しい温度になっているか確認しましょう.
ヒーターのすぐ側だと,正しい水温が測れないので,ある程度離れている場所に取り付けます.
大きい水槽の場合2個所に付けて,温度にむらが出来ていないか確認します.

生餌,フレークフード,タブレットなどなど餌の種類は一番種類が多く出ていて,何を買ったら良いのか迷うものですが,数種類を栄養が片寄らないように変化を与えながらあげるのが良いかと思います.
コリドラスは基本的に水槽の底でしか餌を食べませんので,フレークフードのように水面を漂うようなものは避け,また他の種類の魚と一緒に飼う場合は沈む前に取られてしまったり,沈んだ後に取られないようにします.
タブレットの様な人工餌よりもイトメ(イトミミズ),ブラインシュリンプ,ミジンコの様な生きている餌の方が,食欲をそそるのかよく食べてくれるようです.
コリドラスがイトメを食べる時,砂を掘ってイトメを探して食べる様子が実に愛らしく,コリドラスもしあわせそうに食べてくれます.
生餌は水を汚しやすかったり,さまざまな病気を水槽内に持ち込むと言われていますが,私のところではいままで一度も病気の発生したことはなく,残餌の始末や底砂の掃除などの後始末をきちんとしていれば水も汚れることはないはずです.

その他
水草,流木,石などを入れると水槽にさまざまな変化を加えることが出来ます.
また,これらを入れると熱帯魚も落ち着きます,特にコリドラスにとっても隠れ家になり,ストレスの軽減になります.
ただし,魚主体の水槽にする場合は,あまりいれてしまうとせっかくの魚が見えなくなってしまうので,最初は少な目に入れてみて,様子を見ながら徐々に増やしていけばいいでしょう.
最初に入れる水草は,購入時に熱帯魚屋さんに相談して,あまり光や二酸化炭素などを必要としない丈夫なものがいいでしょう.
流木や石などは,庭で使っているものや,拾ったものなども使えないことはないですが,灰汁抜き,煮沸をした後に,別の水槽で水質に変化を及ぼさないか調べ,影響がないと判断してから入れる事が出来ますが,できるだけ熱帯魚屋さんで購入することをお勧めします.


Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.

コリドラス大好き! >> 飼育室 >> コリドラスを飼おう! 飼育準備