12/05(月)
サンタレン〜リオデジャネイロ
  同行者:セルジオさん,おしけんさん/おしけんさん/フェリックスさん,おしけんさん
  健康状態:お腹また調子悪い

朝食.パンとチーズロールとスイカとアセロラジュース
また少しお腹の調子が悪くなってきて,食欲も無い
食後に帰りのチケットのリコンファームをセルジオさんにやっていただいた.
その後お土産を買いに出かける.
ブラジルは世界で有数の宝石の産出国だけあってお土産店にも宝石関係のものがいっぱい並んでいる.
でっかい60cmぐらいはあるプレコの剥製も売っていた.
その他,木彫りの人形や,スカーフ,ミサンガ,貴金属などあまり大きくないお店の割りに所狭しといろんなものが売っている.
値段がわからないので困っていると,電卓を持ってきて数字を打ち込んで見せてくれる.
外人の旅行客が多いので,慣れているのかな?
ミサンガと緑の石の詰め合わせを購入.
サンタレンの町は,昔の雰囲気が残っており,なんとなく下町っぽい雰囲気がした.
マナウスと比べると人懐っこくて人情味あふれる人が多いのかも.
時間になったので,来るときと同じにタクシーで空港に移動.
そういえばマナウスもサンタレンもほとんど信号が無い.
TAM航空にチェックイン.
リオまで何度か乗り換えるのだけど事前にヒカルドンさんに確認してもらったように,荷物はリオまで直送されるらしいので安心.
通関,手荷物チェックして待合室で30分ほど待機.
この飛行場のチェックはゲートはあるんだけど,手荷物のX線装置が無くって,一人ずつかばんを明けてチェックしてた.これだと込んだときに困るのでは?
セルジオさん,なにからなにまでお世話になってしまいありがとうございました.
待合室で小一時間待った後で搭乗.
するとセルジオさんが,まだ見送りに待っていてくれた.すごくうれしい!
本当にありがとうございました.
きっとまた着ます!!
少し遅れてサンタレン離陸.
マナウスでの乗り継ぎや荷物は大丈夫なのか少し心配.
飴とパンとコーラが出る.
サンタレンまであまり時間がかからないのでこんなもんなのでしょう.
アマゾン川本流とリオネグロ側の合流点.
上から見ると,色の違いがはっきりわかる.
マナウス着.
到着するときに上空から山本さんの事務所が見えたような見えなかったような...
乗換えなのに手荷物チェックを受けて待合室で待機.めんどくさい
マナウスでは空港の職員がサンタの帽子をかぶってる.
女性だけでなく男性もサンタの帽子をかぶっていてなかなか気の利いた演出かも.
待機後に予定より少し遅れて搭乗時間になって搭乗.
ここまで来た飛行機と同じ飛行機だった.
マナウス出発
眼下に広がる景色はもう見慣れてきたアマゾンの風景.
長い直線の1本道に垂直に街道などが枝分かれでくっついているのが多い.
やっと見慣れてきたのに,もうすぐ見られなくなってしまうのかと思うと感無量.
お約束の?飴とパンとコーラ
ブラジリア到着
雨が降っている.
またしても手荷物チェック後待合室で待たされる.
だいぶ暗くなってきた
ブラジリアはほぼ予定どおりに出発
リオデジャネイロまでの客層は今までと異なり,スーツ姿の人やノートパソコンを使っている人などビジネス色が強い人が多い.
飴とパンとコーラが出る.
暗闇の中リオデジャネイロ到着
リオデジャネイロ by google map
WBSABBYのフェリックスさんと再開の握手!(^o^)
タクシーでホテルへ
途中の海岸沿いでサンバショーをやっていた.
残念ながらタクシーからだと見えないけど,海岸沿いだから近所迷惑は関係ないのか結構大きな音で,ダンダンダダン!ダンダンダンダダン!とど派手な音が聞こえてくる.
海岸沿いの道は夜なのにジョギングしてる人も多い.

ホテルに荷物を置いて夕食に出かける.
ホテルのそばのバイキング形式&シェラスコのお店に出かける.
バイキングで好きなものを取ってきてテーブルに座っていると,テーブルに長い串に焼いた肉が刺さったものを持ってきて,その場で大きなナイフで切ってくれる.
日本食のようなすしもあったりして,なかなかおいしく楽しめた.
食事もすんで,飲みに行き,ホテルへ.


このホテルはコパカバーナの有名なミラソウルというところで,今まで泊まって来たホテルとのギャップが大きくってびっくり.
MIRASOL の Websiteは こちら
いままでは,おしけんさんと相部屋だったけど,別々の部屋を取ってもらった.
でっかいベットに大の字になって就寝.

next >

文責:yamyam
写真著作権:K2ヒカルドン,WBSABBYセルジオ,おしけん,yamyam
協力:The Amazon Touch,K2,WBSABBY
※ 全部または一部の無断使用,引用および転載等は禁止です.

Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.