12/01(木)
マナウス市場見学〜サンタレン
  同行者:ヒカルドンさん,おしけんさん/おしけんさん/セルジオさん,おしけんさん
  健康状態:お腹だいぶ調子悪い
いつものような朝食をすませてホテルのロビーでヒカルドンさんと待ち合わせをして,マナウス市場に出かける.
K2の荷物が着ているかも知れないとのことで途中でマナウス港に寄ってみたが,到着にはもうすこしかかるらしいとのことで,市場見学に.
さすがマナウスの市場,ものすごい人で活気もある.
魚,野菜,果物,バナナ,スイカ...所狭しとならんでいたり山積みになっていたりして,見ているだけで楽しめる.
最初に行ったのは魚の市場.
魚魚魚....マナウスの港のすぐ横にあるだけあってとてもでかい市場
依然あった市場が手狭になったので移動したそうだけど,その広さと魚魚魚は圧巻!
プレコなどは30cmぐらいのものから売ってたけど,コリはどこにもいなかった.(笑)
コロソマやツクナレ,ピラルクー,ナマズなどところ狭しと新鮮な魚が並べてある.
今回は食べることが無かったタイガーシャベルノーズも普通に売っている.
カメラを向けると持っている魚を見せてくれたり,ポーズを取ってくれたりと,市場の人も親切な人が多い.
ピラニアの口から出ている釣り糸を持って,ほらほらこんな感じで泳いでいるのが釣れたんだよって魚をヒラヒラさせて見せてくれた.
ツクナレ(アイスポットシクリッド,ピーコックバス)は一番見かける魚で,大きいのから小さいのまで,どのお店に行ってもたいてい売っている.それほど一般的な魚なんでしょね.
また,日本からも釣りに来ている人がいるほどゲームフィッシュとしても人気が高いらしく,確かにこれくらいの大きさの魚とファイトするのって日本じゃ出来ないかも.
特大のツクナレ.
料理にしたら何人分有るんだろう(^^;
とってもおいしいピラルクーですが,市場でもいっぱい売っていた.
乱獲で大きいものが取れなくなっているとは言え,やはり他の魚よりでっかく迫力があり,綺麗.
どの魚料理屋さんでもメニューにあるのだからそれだけピラルクーも需要が有るのだろうけど(おいしいし)こんなに採っちゃっても大丈夫なの?って思うほど売っている.
養殖もされているようなので少しはそれも売っているのかな?
ピラルクーの頭部だけ別においてあるようなお店もあった.
さばいた後の残りを置いてあるのかもしれないけど,頭だけ並んでいても結構迫力がある.
ピラルクーを塩干しして巻いたもの.¥
ドラスの仲間.
背びれや体側の痛そうなところはカットして売っている.
ブラックアロワナ.
うろこを落として,料理しやすいように切れ目を入れて売っている.
プレコ.
プレコも販売するときには背びれと胸びれを落としてから販売.
もちろん市場なので魚のほかにも肉や果物,野菜などさまざまな食材がならんでいて,見たことも無いものも結構あった.
となりのバナナ市場もさまざまなバナナが並んでいた,今の時期は果物が少ないそうだけどそれでもたくさんのバナナ.果実が山盛りにつんであるのは壮観だった.
バナナの種類もたくさんあるそうで,普通のバナナのほかにもアップルバナナなど5種類は有るそうです.
おととい街道沿いにいろんなところに連れて行ったもらったときに,バナナを山積みしてひっくり返りそうになりながら走っていたバナナトラックの行き先はここだったのかも.
市場のそばにあるほかのお店もいろんなものを売っていて面白い.
雑貨屋,釣具屋,ペットショップ,洋服屋...何でもそろう.
今回はなまず釣りもするのででかい針と重りとより戻しを購入.
釣り針は,釣具屋で普通に会計を済ませる.
売っている針も大きいものが多い.
より戻しがいい大きさのものが無かったので,雑貨屋で調達.
雑貨屋でより戻しを売っているのもなんだか変だけど,それより買い物システムが変だった.
店員を探して「これ!」って言うと,紙に明細を書いてくれるので,それを持ってレジに.レジをやっている人にそれを見せて会計.っで最初の店員に領収書を見せると品物をくれる...っテ言う面倒くさいシステムだった.ヒカルドンさんに聞いてみると店員が多いところだと客から預かったお金をそのまま持っていってしまう店員もいるのでこういうシステムになっているらしい.なかなか大変なんだな〜
買い物が終わって,港に戻る.
ちなみに,ここは以前aquajapan.comをやっていたときにマルガチーノさんが送ってくれていた定点観測の場所で,そのときは12月でも車のあたりまでは水があった.
それだけ今年は減水しているんでしょうね.
などとヒカルドンさんと話をしつつホテルに戻って荷造りをして空港に
時間があったのでお茶にしたけど,ここもあまりやる気の無い店員(^^;
発券手続きと手荷物検査も無事終了.
荷物が重かったので搭乗手続きの時にドキドキしていたけど特に問題なく完了.

マナウスではヒカルドンさんに何から何までお世話になってしまいました.
本当にありがとうございました.
マナウス空港の待合室にインターネットコーナーがあったので,掲示板にでも書込みしようと借りてやってみた.(30分5レアル)
繋がるのだけど日本語表示が出来ず,当然日本語も打ち込み出来ない(^^;
隣のおしけんさんも日本語入力で苦労している.悪戦苦闘しているうちに時間がたってしまうので,結局アルファベットで書込み.
日本語フォントぐらい入れておいて欲しいな〜
少し遅れて飛行機に搭乗&サンタレンに向けて離陸(TAM便 13:15発)
出発のときに機内で水蒸気みたいな煙がモワモワしててびっくり.
上から見るマナウスはとっても壮大でその森や河を眺めているとはじめてブラジルの空港を降りてからのことがいろいろと思い出されて感無量.きっとまた来るぞ〜!
サンタレンまで1時間ぐらいなのだけど,一応機内食が出た.
チーズバーガーとジュース.ガラナはお約束(^^)
サンタレンに到着&荷物ゲット
サンタレン空港 by google map
タラップで降りた.ものすごく暑い〜〜〜〜〜!!マナウスより暑いのでは?30度は越していると思う
荷物がなかなか出てこなくって少しドキドキ.マナウスで早めにチェックインしていたので奥のほうになってしまって出てくるのが遅くなったのかも.
The Amazon Touchのセルジオさんが迎えに来てくださっていて,挨拶を交わしてタクシーに乗車.
セルジオさんは日系の方で日本にも何年かいたことがあり,普通に日本語が話せる(^^)
サンタレンの飛行場からサンタレンの町までは距離があってあまり人家も無く少しでこぼこの道を進んでいって,このまま人家が無いのか〜と思っていたけどやがて町っぽくなってきた.
サンタレン by google map
当初の予定と異なり今日はホテルに泊まって明日の朝に船で出かけるというふうに変更になった.(サンタレン近辺に船中泊するのは少し危ないらしい)
「ブラジルグランデホテル」というところにチェックイン.
涼しくなってきたら町に出ていろいろ歩いてみるとのこと.
それまでは部屋でまったり〜.ここのところ結構いろんなところに行って少し疲れてきているような気もするので,ゆっくりできる時間があると体が休めていいかも!
相変わらずおなかの調子は悪い.捻挫が治ってきたのが救いかな?サロンパスえらい!
涼しくなってきたのでサンタレンの港に散策
サンタレンの町並みは少し古めの雰囲気で,車も人もそれほど多くないかも?昼間で暑いせいかな?
ホテルから港まで歩いて10分ほど,河沿いをしばらく歩いて夕涼み.河の方から吹く風が心地よい .
サンタレンはアマゾン川とタパジョズ川の合流地点で,ここも水の色が異なる.
写真の奥の青っぽいのがタパジョズ川,手前の茶色っぽいのがアマゾン川.
ここも海みたい!アマゾンは広いって実感.
右:タパジョズ,左:ペスカドールの看板
夕涼みしながらこれからの予定やセルジオさんのことなどを聞く.
暗くなってきたので夕飯をブラジルグランデホテル内の食堂で.
あまり食欲がない.

next >

文責:yamyam
写真著作権:K2ヒカルドン,WBSABBYセルジオ,おしけん,yamyam
協力:The Amazon Touch,K2,WBSABBY
※ 全部または一部の無断使用,引用および転載等は禁止です.

Copyright (c) yamyam. All rights reserved.
ご意見ご感想は yamyamまで.